飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

長い尾を器用に使う賢いサル

ジェフロイクモザル

哺乳綱 霊長目 オマキザル科

日本平動物園では

♂ ジェフ(2010年)当園生まれ
♀ ビビ      池田動物園より来園

フライングメガドーム内にある島で生活しています。よくお客さんから「泳いで逃げないの?」と聞かれますが、島は彼らにとって大切な縄張りで安心して暮らせる場所なので、あえて嫌いな水に入って泳いでまで外に出る気はないのです。

一般的には

【生息地】
中央アメリカの熱帯雨林(メキシコ、コスタリカ、パナマ、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズ、ニカラグア、エルサルバドル)

【食べ物】
(自然)ほとんどが果物、ほかにシロアリや幼虫、植物の花や種、皮、根など
(動物園)リンゴ、バナナ、トマト、オレンジ、煮サツマイモ、煮ニンジン、青菜、ゆで卵

【大きさ】
全長:30~63cm  体重:6~9kg  尾長:63~84cm

【特 徴】
森林内では500m先に聞こえるフートという単調な音声を出す。長い尾を手足と同じように器用に使い木の上や枝を器用に動く。尻尾の内側30cm位毛がなくて皮膚がでており、尾紋とよばれるシワがある。手の親指がない。細長い手足と尻尾を持ち、体が細いことから、シルエットがクモに似ているため、クモザルと呼ばれる。

【生 態】
生息域の減少やペットとしての密猟の影響で、野生化では数が減り、絶滅が危ぶまれている。妊娠期間は226日~232日で、一度の出産で一頭生む。最大30頭ほどの群れとなるが、同じ個体が一緒に行動し続けることはまれで、状況に合わせて5~6匹の群れに分散するなど、群れの形は流動的である。ただし、母子は一緒に行動する。

飼育日誌より

2016.01.04
ジェフロイクモザル ジェフ(♂)ビビ(♀)島に上陸の際、担当者に向かってくる。

2015.11.17
ジェフロイクモザル ビビ(♀)島へ上陸の際、肩口、髪の毛を掴んでくる。興奮している。

2015.10.15
ジェフロイクモザル ビビ(♀)怒って肩口を掴んで来る。

2015.10.10
ジェフロイクモザル ビビ(♀)無線のアンテナつかんでくる。

2015.09.30
ジェフロイクモザル ビビ(♀)島にボート係留の際にガッツリ腕を掴んで来る。攻撃的ではないと思うが?

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ