飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

“Wao”ではなくて“輪尾”

ワオキツネザル

哺乳綱 霊長目 キツネザル科

日本平動物園では

小型サル舎で頭を飼育展示しています。

♂ポパイ  1992年2月21日生まれ(1994年1月13日高知県のいち動物公園より来園)
♀オリーブ 2005年3月9日生まれ(2012年3月19日いしかわ動物園より来園)
♀チーズ  2016年2月17日当園生まれ(父:ポパイ 母:オリーブ)

隣にいるエリマキキツネザルが鳴きだすと、合わせてネコのような声で鳴きます。

一般的には

生息地  マダガスカル島南部

食べ物  (野 生)果物、花、木の葉など
     (動物園)キャベツ、煮ニンジン、煮サツマイモ、トマト、小松菜、茹でた大豆、
         リンゴ、オレンジ、木の葉、サルペレットなど

大きさ   全長42.5cm 体重3~3.5kg 尾長60cm

寿 命   約27年

形 態   尾は白と黒の帯が交互に輪をなしているため、ワオ(輪尾)キツネザルと呼ばれます。
      生まれたばかりの赤ちゃんも、親と同じ模様で生まれてきます。
      手首や胸に特殊な分泌腺があり、オスでよく発達しています。

生 態   キツネザルの中ではもっとも地上性が強いと言われ、よく地面に降ります。
      日光が当たると、地面や木の上で日光浴を行います。
      1度に1~2頭の赤ちゃんを産みます。
      赤ちゃんは自力で母親のお腹につかまり、生後2~3週間で背中にも乗るようになります。
      生後1か月半ほどで少しずつ母親から離れて動き始め、
      大人が食べているエサにも興味を示すようになります。
      手首の分泌液を尾や木の枝にこすりつけ、
      オス同士の順位を決めたり、自分の魅力をメスにアピールしたりします。  

飼育日誌より

2016.03.31
ワオキツネザル 仔、ペレットや小松菜を自力で持ち口に運んでいる。まだ採食は出来ていない様子。

2016.03.06
ワオキツネザル (♂)赤ちゃんを背中に乗せている。

2016.02.19
ワオキツネザル オリーブ(♀)ほとんど警戒せず、写真を撮ったりしても気にしない。トマト(♀)時々、母親の隣に座り赤ちゃんを舐める。赤ちゃんはしっかり母親にしがみつき目も開いている。

2016.02.17
ワオキツネザル オリーブ(♀)1頭出産する。授乳も確認する。

2016.02.08
ワオキツネザル オリーブ(♀)やや下っ腹が出ている印象(妊娠?)。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ