飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

赤い頭と白い羽根で雪原を舞う

タンチョウ

鳥綱 ツル目 ツル科

日本平動物園では

♂ (1981年)上野動物園生まれ、1985年来園
♀ (1995年)伊豆アンディランド生まれ、2001年来園

非常に仲の良いペアです。お尻の所が黒いのは、尾羽根ではなく、翼の先端が黒く羽根をたたんだ時、ちょうどお尻の所にくるからです。ちなみに尾羽根は白色です。国内では留鳥として北海道に生息しています。国の特別天然記念物です。

一般的には

【生息地】
日本(北海道東部)、ロシア、中国、湿原草原

【食べ物】
(自然)雑食性、魚、水生動物、草の種子
(動物園)アジ、ワカサギ、ツルペレット

【大きさ】
全長:140cm  体重:6.3~9kg(オスのほうが大きい)  翼開長:240cm
【寿 命】
約30年(飼育下36年)

【生息数】
昭和27年ごろは数十羽(釧路湿原) 現在800羽 特別天然記念物

【特 徴】
鳴き声は大きく甲高く、数km先にも聞こえる。頭のてっぺんが赤い(羽毛がなく皮膚が血液で赤く見える)。

【生 態】
1回の繁殖で1羽以上は育てない(卵は2個産む。雛は弱いほうの死亡率が高い)繁殖の縄張りを持つ湿地のヨシを積み重ねて巣を作る。雛は早成性で3日後には巣を離れる。100日後には飛べる。本来は渡り鳥だが、日本では留鳥。求愛のために美しいダンスをすることで知られる。

【備 考】
日本では昔から縁起の良い動物として親しまれ、江戸時代には「ご禁鳥」として保護されていた。昭和27年特別天然記念物に指定される。飼育下では国際的に血統を管理されており、登録業務は日本が担当している。釧路湿原はラムサール条約にも登録されている。

飼育日誌より

2015.11.07
タンチョウ (♂)(♀)朝の給餌途中、お互いにくるくる回りながらダンスする。

2015.09.24
タンチョウ (♂)(♀)隣で捕獲騒ぎをしていたので、少し神経質になる。さらに隣に来た新しいクジャク(♂)がよく鳴くので、警戒している様子。

2013.04.14
タンチョウ (♀)朝、採食の後座っている。日中も座っていることが多い。

2011.11.13
タンチョウ (♂)死亡する。

2010.09.06
タンチョウ (♂)求愛行動らしい羽ばたきを(♀)の前でしている。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ