飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

翼を広げると3m 最大の空飛ぶ鳥

コンドル

鳥綱 タカ目 コンドル科

日本平動物園では

♀ (1986年)帯広動物園生まれ、1991年来園

時々、大きな羽根を広げて日光浴をしています。両翼で3mくらいありその姿は大迫力です。

一般的には

【生息地】
南アメリカ、アンデス山脈

【食べ物】
(自然)哺乳類 ウマ ラマ等家畜の死体
(動物園)鶏頭 馬肉 アジ

【大きさ】
全長:100~130cm(翼開長270~320cm)  体重:9~12kg

【特 徴】
空を飛ぶことのできる鳥の最大種。頭から首にかけて羽毛がなく皮膚が露出している。オスの額には肉冠(トサカ)がある。オスは生まれたときから肉冠を持っている。オスのほうが大きい。頭が禿げている理由は、腐肉食という食性に関連。頭や首を死体に突っ込んで食べるため、汚れが付きにくくなる(食事のたびの羽づくろいが不要)。日光が直接当たっていることで、殺菌効果の利点。翼を広げて日光浴もする。翼面積が大きいため、気流に乗って滑空すれば羽ばたく必要がない。

【生 態】
繁殖は1年ごとに卵は1個、抱卵は54~58日。嗅覚が非常に優れており開放鼻孔(左右の鼻の穴がつながっている)を持ち、嗅覚器も他の鳥の8倍の大きさである(臭いで餌を探す)。

飼育日誌より

2016.04.14
コンドル (♀)産卵するが、残念ながら破卵する。

2016.01.27
コンドル (♀)ホースを狙っているのか、今週ずっと掃除の間近くに寄ってきて、こちらの様子を伺っている。 

2016.01.24
コンドル (♀)(♂)翼を広げていることが多い。

2015.11.04
コンドル (♂)(♀)日光浴楽しむ。

2015.04.13
コンドル (♀)獣舎清掃を始めると、珍しく自ら巣に入っていく。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ