飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

アメリカインディアンの「走る百貨店」

アメリカバイソン

哺乳綱 偶蹄目 ウシ科

日本平動物園では

♀ モモ (1993年)群馬サファリ生まれ、1995年来園

獣舎改築のため、2014年6月~2015年2月まで群馬サファリパークにて預かってもらっていました。2015年3月新獣舎完成に伴って、8ヶ月ぶりに日本平動物園に帰ってきました。しかし、2015年8月に長年連れ添ってきた♂のマックが死亡(享年23歳8ヶ月)してしまい、1頭になってしまったモモは寂しげに見えます。モモも22歳を過ぎ高齢ではありますが、飼育担当者としてはまだまだ元気で長生きしてもらいたいと思います。

一般的には

【生息地】
北アメリカの草原、針葉樹林

【食べ物】
(自然)草 木の葉 木の芽 木の皮
(動物園)乾草 人参 フスマ さつまいも シイ・カシの葉 ペレット

【大きさ】
体長:2.0~3.5m程度  尾長:50~70cm程度  肩高:1.5~2.0m程度 体重:400~1,000kg程度

【寿 命】
15~20年程度
【生息数】
約6万頭。昔は7000万頭いたのが、一時500頭に減ったといわれている。

【特 徴】
角は短く曲がっている。毛色は、夏は褐色、冬は黒っぽい。

【生 態】
大きな群れを作って食べ物を求める。泥遊びを好む。季節によって移動する。最高時速60kmで走る。バイソンはネイティブアメリカンの生活には欠かせない動物で、肉は食料、毛皮は衣服、皮はテントやロープ、角はコップ、骨はナイフ、胃袋は鍋として主に使用された。

飼育日誌より

2016.05.22
アメリカバイソン モモ(♀)本日23才の誕生日。現在国内最高齢で盛大に「誕生会」を開く。

2016.02.11
アメリカバイソン モモ(♀)日中、何度かキリン舎側の扉に体当たりしていた。

2016.02.07
アメリカバイソン モモ(♀)肢やお腹を触っても嫌がることなくじっとしている。

2016.02.02
アメリカバイソン モモ(♀)後肢のターゲットトレーニングがいまいち上手くいかない。箒部分が短くなった竹箒で触るのは嫌がらないので、給餌しつつ竹箒で全身を触って行う。その後、素手で体を触ってみたが嫌がることはなかった。

2016.01.22
アメリカバイソン モモ(♀)乾草の採食が少し悪い。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ