飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

中南米の王者

ジャガー

哺乳綱 食肉目 ネコ科

日本平動物園では

♂ 卯月 小助(2016年4月21日)大阪市天王寺動物園生まれ、2017年来園
♀ 小梅(2018年10月25日)南アフリカ出身、2019年3月来園
※アラシ(♂)は2018年10月19日に老衰により死亡しました。

猛獣館299の中では、頭上の擬木を歩き回る姿を見上げて、しっかりと肉球を観察してみて下さい。間近でご覧いただくことができます。ただし、あまりに近いので、時々ジャガーの足もとから砂などが落ちてきますので注意して下さい。

一般的には

【生息地】
北アメリカ南部~南アメリカの熱帯雨林(アルゼンチン北部)

【食べ物】
(自然)シカ、サル、バク、カピバラ、魚、ワニ、カメなど
(動物園)馬肉、鶏頭、レバー

【大きさ】
頭胴長:110~180cm  肩高:84cm  尾長:45~75cm  体重:40~160kg

【寿 命】
15~20年
【生息数】
3000~7000頭

【特 徴】
ヒョウに似ているが、ジャガーの方が体格が大きく、斑点の中にも黒点がある。あごが強く、カメの甲羅を割ることもある。

【生 態】   森や川沿いの林に棲み、単独行動する。ネコ科の中でトラ、ライオンに次いで大きく、南北アメリカでは最大。木登りが得意で、ネコ科としては泳ぎも上手。

飼育日誌より

2021.10.18
ジャガー 小助(♂)トロ舟に落ち葉を入れて置いてみると、出舎後すぐ確認しに行き、落ち葉を掻きだしてトロ舟をひっくり返したり噛んだりして遊んでいた。
小梅(♀)トロ舟に落ち葉を入れて置いてみると、すぐに落ち葉を掻きだしひっくり返して遊ぶ。

2021.07.19
ジャガー 小助(♂)馬肉のドリップの氷を与える。プールに落とさないように気を付けて舐めていた。プールに落ちてしまった欠片は水ごと食べていた。

2021.07.18
ジャガー 小助(♂)放飼場に氷を置くとすぐに出舎し、しばらく舐めていた。小梅(♀)出舎してすぐに氷を触りに行き、舐めてからプールに沈めて遊ぶ。

2021.05.17
ジャガー 小助(♂)小梅(♀)初同居30分。お見合いが互いに友好的だったので、そのまま扉を少しずつ開けて同居。まずは小助が通路に出てきて、そのまま通路でじゃれ合う。小梅が両前肢で小助の頭を捕まえて遊んでいた。部屋に入り軽くじゃれ合い猫パンチも見られるが、特に小助はかなり手加減している様子。小梅の遊びたい気持ちが爆発すると小助にマウントするような体勢になり、小助が小梅を引きはがして少し怒るが攻撃はしない。小助は口を大きく開けてアピールをし、小梅にマウントしたいそぶりだったが、小梅は体を反転させてゴロニャンしながらじゃれ合うのを繰り返す。お互いにまったりしている時間もあった。

2021.04.21
ジャガー 小助(♂)本日5歳の誕生日。ポリドラムを与えると出舎後すぐに抱え込み、プールに沈めて転がして遊ぶ。その後フェンスの上まで運ぶが、下に落としてしまい再び取りに行きよく遊んでいた。鹿肉与えると時間をかけてゆっくり食べるが、食べ終わらず初めて展示室から寝室へ咥えて移動。寝室に入ると小梅が窓の前で待っていたが、小助は台の上で鹿肉を食べ、食べ終わってから小梅と窓に顔の擦り付け合いをする。
小梅(♀)出舎時と入舎時、寝室窓に顔を擦りつけて喉を鳴らしゴロニャン。小助の前からなかなか離れようとしない。10分くらいしてから出舎。1日を通してよく鳴いていたが、特に小助が展示室に入舎後、大声で鳴いていた。夕方、小助が隣室へ入ると窓に顔を擦り付けていたが、小助が鹿肉を咥えているのをみて催促し、その後小助が近づくと窓に顔を擦りつけて喉ならしゴロニャン。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ