飼育日誌

一覧へ戻る

次の動物へ »

人間と一緒にはたらく大食漢

アジアゾウ

哺乳綱 長鼻目 ゾウ科

日本平動物園では

♀ ダンボ (1966年生まれ(推定)) 写真左
※シャンティは、2022年5月5日に亡くなりました。

1966年生まれ(推定)の「ダンボ」メス1頭を飼育しています。毎日、乾草やニンジン、サツマイモなどをあわせて約60kg食べます。飲み水は約150~200L、ちなみにウンコの量は1日60~70kgです。

ダンボは、昭和44年に日本平動物園が開園した時からずっといます。とても頭が良く、ハズバンダリートレーニングにもよく反応してくれています。時折、園路に向かって鼻で水や泥をとばしてしまうことがあります。

一般的には

【生息地】
インド、タイ、インドネシア、マレーシア、中国南部、スリランカなどの森林地帯

【食べ物】
(自然)草、樹木、竹、果実など
(動物園)乾草 さつまいも にんじん かぼちゃ キャベツ わら ヘイキューブ 草食獣用ペレット
 
【大きさ】
頭胴長:5.5~6.4m  体高:2.5~3m  体重:3~5t

【寿 命】
60年程度(飼育下で80年以上の記録あり)

【生息数】
アジアで5万頭弱

【特 徴】
牙は2才で生え始め、一生伸び続ける。鼻は筋肉のかたまり。

【生 態】
メスは家族単位で群れをつくる。オスは大半のときを一頭で過ごし、メスの家族群を渡り歩く。歩く速さは時速4~6kmで、突撃や逃げるときには時速40km。湿った森林を好む。

飼育日誌より

2024.01.26
アジアゾウ ダンボ(♀)寝室用の後肢載せ台を改良する。足はうまく載せられる。

2024.01.03
アジアゾウ ダンボ(♀)13:15~ご飯のプレゼント実施

2023.12.12
アジアゾウ ダンボ(♀)夕方、後肢にオリーブオイル塗る。

2023.10.28
アジアゾウ ダンボ(♀) トレーニングの際、前肢にはけを当てる。少し嫌がっていたので早めに切り上げる。

2023.09.12
アジアゾウ ダンボ(♀)トレーニング行うが、最初はやる気がなく、乾草食べ始める。

でっきぶらしより

次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ