飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

竹が主食 木登り上手なヒマラヤの珍獣

レッサーパンダ

哺乳綱 食肉目 レッサーパンダ科

日本平動物園では

♀ スミレ(2011年)周南市徳山動物園生まれ、2012年来園
♂ タク(2010年)埼玉県こども動物自然公園生まれ、2012年来園
♀ ホーマー(2012年)シンシナティ動物園(アメリカ)生まれ、2016年来園
♀ ホーリー(2016年)当園生まれ ホーマーとリンゼン(アメリカ在住)の子
♀ ニコ(2017年)当園生まれ ホーマーとタクの子
♂ 縞縞(2015年)旭山動物園生まれ 2017年来園
♂ まるお(2018年)当園生まれ シーとタクの子
♀ まるこ(2018年)当園生まれ シーとタクの子

2019年6月2日に赤ちゃんが誕生しました(父親:縞縞、母親:ホーマー)

1980年に中国(西安市)から日中友好の動物大使として贈られたのが飼育の始まりです。現在は、9頭のレッサーパンダが暮らしています。
話題になった千葉市動物公園の「風太」くんや、大阪の天王寺動物園に行った妹の「シュウナ」、山梨の遊亀公園附属動物園に行った「クウ」は当園生まれです。

親達はリンゴが大好物で、主食の竹の葉は毎日動物園の裏山から新鮮な竹を切って与えています。口に合わないと“プイッ”と横を向いてしまい食べてくれないグルメな性格の持ち主です。

一般的には

【生息地】
中国南部、ネパール、アッサム、ヒマラヤ、ミャンマー北部の高地

【食べ物】
(野生) 竹の葉・タケノコ・果実・小動物・鳥のたまご等
(動物園)竹の葉・リンゴ・煮人参・煮サツマイモ・オレンジ、ブドウ、ミルク

【大きさ】
50~60cm 4~6kg

【寿 命】
野生:10年ほど 動物園:13~17年ほど

【生息数】
生息数は推定2500~10000頭ほどで、IUCNのレッドリストで絶滅危惧(Endangered)に指定されている。森林伐採により生息地が減少。日本では約280頭を飼育。

【特 徴】
小柄で長い尾と模様のある顔をしている。

【生 態】
オスもメスの自分のなわばりをもち、単独で行動する。朝と夕方の薄暗い時間帯に活発に行動する(薄明薄暮活動性)。
冬の繁殖期になると、オスもメスも行動範囲を広げ、オスとメスが出会い、交尾をする。仔育ては母親1頭のみで行う。
赤ちゃんは生後3か月頃から巣穴から出歩き始め、生後1年までには母親から離れて単独で暮らし始める。

飼育日誌より

2019.10.29
シセンレッサーパンダ 縞縞(♂)、ホーリー(♀)とのお見合いを始めるため、朝スミレが使っていた放飼場へ移動させる。割とすぐに慣れたようで、飼育係にすぐ寄ってくる。

2019.10.20
シセンレッサーパンダ 赤ちゃん、サツマイモを食べたらしく黄色い糞あり。また、屋外放飼場の縞縞を警戒している。

2019.09.30
シセンレッサーパンダ 赤ちゃん、リンゴと竹を少しずつ食べられるようになっている。

2019.08.12
シセンレッサーパンダ 赤ちゃん、餌の竹をかじったり、竹の上に寝転んだりして遊んでいる。

2019.07.31
シセンレッサーパンダ ホーマー(♀)赤ちゃんが巣箱から出てきても、すぐに戻さず、しばらく見守るようになってきた。赤ちゃん、2~3分、長いときは7分ほど巣箱から出て床を這いずり回る。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ