飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

世界一のっぽな動物

キリン

哺乳綱 偶蹄目 キリン科

日本平動物園では

♂ ダイヤ (2017年7月22日生まれ)
※サクラ(♀)は2021年8月24日難産に伴う循環機能障害で死亡しました。

毎日、乾草、草食獣ペレット、シイの葉を食べています。ヤギ、ヒツジ等と同じ反芻動物で胃を4つ持っています。

一般的には

【生息地】
アフリカ(サハラ砂漠より南のサバンナや乾燥した草原地帯など)

【食べ物】
(野生下)アカシアなどの木の葉、小枝、果実
(動物園)乾草(ルーサン)、草食獣用ペレット、サツマイモ、ニンジン、リンゴ、シイの葉、カシの葉

【大きさ】
頭頂高:約4.5~6m、尾 長:約75~100cm、体 重:約800~1,200kg

【寿 命】
(野生下)10~15年 (飼育下)20~30年

【生息数】
11~15万頭

【特 徴】
長い首(首の骨は他の哺乳類と同じ7個)。胃は4室に分かれ、休んでいる時は反芻している。

【生 態】
オスを中心として、約2~10頭の群れをつくる。時速30~60kmで走ることができる。発情期にはメスを取り合い、首をぶつけ合って争う「ネッキング」という行動をとる。水を飲むときは、前肢を大きく左右に広げ、立ったまま水を飲む。

飼育日誌より

2021.07.15
キリン サクラ(♀)ダイヤ(♂)脱感作トレーニング。サクラがペレットを食べている間に頚部の大静脈を触る。摘まむくらいなら気にしないが、強く突つくと首を上げる。ダイヤもペレットを食べている間に頚部の大静脈を触ってみると、強く突ついても平気な様子だった。

2020.05.02
キリン ダイヤ(♂)削蹄に向けたトレーニングを実施する。初めて蹄を触ることが出来た。ほとんど嫌がらない。

2019.12.31
キリン サクラ(♀)、ダイヤ(♂)に自分からお尻を向けている様子が見られた。尾を普段より、よく振っていた。ダイヤはサクラを追尾し、何度かマウントしていた。またサクラの臀部に首を擦り付けたり、サクラの鬣を舐めたりしていた。

2019.10.15
キリン ダイヤ(♂)採血を実施する。血液検査の結果、特に異状なし。

2019.04.20
キリン 10:30~ 飼育の日イベント「キリンに葉っぱの食べ比べ」開催する。シイ・カシ・モチを与える。いつも食べているシイより先に、ダイヤ(♂)はモチ、サクラ(♀)はカシを食べた。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ