飼育日誌

« 前の動物へ次の動物へ »

骨まで食べられるサバンナの掃除屋

ブチハイエナ

哺乳綱 食肉目 ハイエナ科

声を聞く

日本平動物園では

♂ ツキ(2004年)当園生まれ 
♂ セレン(2007年)さいたま市大宮公園小動物園生まれ

ツキは日本で初めて生まれたブチハイエナです。そのため、当園ではブチハイエナの繁殖賞を受賞しています。セレンは、当園からさいたま市大宮公園小動物園に出園したホシ(♂)とキラ(♀)の子どもで2009年3月に来園しました。生まれた場所が違うため、お互いにその認識はありませんが、2頭は兄弟です。

一般的には

【生息地】
アフリカのサバンナ(ンゴロンゴロ、セレンゲテイなど)

【食べ物】
(自然)ヌー シマウマ ガゼル
(動物園)鶏肉、鶏頭、牛骨

【大きさ】
全長:120~180cm  体重:55~85kg

【寿 命】
約25年

【生息数】
ンゴロンゴロ自然保護区、セレンゲテイ国立公園に多数生息。

【特 徴】
自分の体重の3分の1ほどの肉(約15kg)を一度に食べることができる。骨を噛み砕くほどの強力な顎を持ち、食べたもののほとんどを消化することができる。骨を食べた後のフンは白くなる。
【生 態】
時速60kmで2時間走り続けられるとも言われ、狩りが得意なハンターである。クランと呼ばれる、メスが優位な社会的血縁集団で生活していて、群れは完全なる順位性である。高い狩りの成功率を誇り、いったん倒された獲物には20頭くらいのハイエナがどっと群がる。その食欲は猛烈で大きなヌーでさえも一晩で骨のかけらも残さず消えてなくなる。一晩のうちに80kmの距離を動き回ることもあり、大変長い距離を移動できる能力を持っている。

飼育日誌より

2022.07.12
ブチハイエナ ツキ(♂)セレン(♂)日中ブイの中に牛骨を入れて与える。ツキは転がしたり、持ち上げたりして、骨を取り出していた。体重測定トレーニング行う。

2022.05.21
ブチハイエナ 採血用のトレーニング行う。セレン(♂)途中で集中力切れる。

2022.05.01
ブチハイエナ ツキ(♂)セレン(NO11♂)木の枝でよく遊ぶ。

2022.04.05
ブチハイエナ ツキ(♂)、セレン(♂)朝の餌、何ヵ所かにわけて隠して置く。何分か探して全て食べる。

2022.03.30
ブチハイエナ 夕方、担当引継ぎのため飼育員2人でいたせいか、ツキ(♂)セレン(♂)落ち着かない。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »