飼育日誌

「飼育日誌」とは

「飼育日誌」は、当園の飼育員や獣医が日々動物の飼育記録を行っている業務のデータベースからの抜粋です。
園内で無料配布してている「でっきぶらし」にも掲載していますが、ホームページ版ではさらに情報が追加掲載されています。

絞込検索

期間 日~
キーワード
※スペースで区切って複数語の検索ができます。

全 7,831 件 中 7,501 ~ 7,525 件

 « 前のページへ | 次のページへ »  

2005.07.08
オシドリ 巣箱内に朝、アオダイショウがいたため捕獲。卵を3個捕食してしまう。卵の数は6個となる(抱卵中)。

2005.07.08
マサイキリン リン(♀)弱いが発情兆候あり(前回より9日後)。

2005.07.08
プレーリードックの受け取りのため、三島市楽寿園に出張する。

2005.07.08
6月と7月に生まれたリスザル3頭の名前公募を行う。

2005.07.07
ショウジョウトキ 朝の給餌の際、全羽が樹上より降りてくる。上野動物園に餌の内容の問い合わせをする。

2005.07.06
出張飼育指導 こぐま保育園「ヤギの飼育について」、鈴木飼育員担当(10:30~11:30)。

2005.07.06
アジアゾウ 橘幼稚園のPTA35名にゾウの説明(11:00)。

2005.07.06
たちばな幼稚園保護者会35名「動物の子育てに学ぶ」講話及び施設案内。

2005.07.06
サマーカーニバルの御殿場方面キャンペーン実施。

2005.07.06
エミスムツアシガメ (♀)産卵1個、すでに破卵。

2005.07.05
シセンレッサーパンダ ナラ(♀)15:00頃陰部触ると、朝より確実に大きくなっている。リンゴを食べている間、いつもなら触らせるが今日は嫌がる。特にお腹は「フー」といって怒る。竹の葉をちぎる。シュウシュウ(♂)採食良好。

2005.07.05
マレーバク ミライ(♀)下顎治療、注射本日で終了し、明日から経口投薬に切り替える。洗浄、消毒は比較的おとなしく治療させる。子供(♀)授乳1日数回確認する(授乳時はミライ横たわる)。体重13.0kg。

2005.07.05
ショウジョウトキ 他のペアも抱卵を中止してしまう。やはり軟卵で木の下に破けて皮が落ちていた(中身なし)。園内の下の池から採取したモロコとモエビを給餌する。

2005.07.05
焼津和田中学校2名レクチャー(園内動物の生態について)。

2005.07.05
動物ドキュメンタリー映画用撮影あり。

2005.07.05
エミスムツアシガメ (♀)産卵1個、すでに破卵。

2005.07.04
フンボルトペンギン 巣穴7のヒナは親が吐き戻しをくれるのを巣穴の前で待つようになり、親にくっついて巣穴3の前くらいまで行動する。

2005.07.04
消防設備、ゾウ舎自動ドアー等点検工事を行う。

2005.07.04
エミスムツアシガメ (♀)産卵1個、すでに破卵。

2005.07.03
マレーバク シン(♂)室内に抜けた歯(1本)確認。歯の根、浅く抜けやすい様子。ミライ(♀)下顎治療中、腫れが小さくなってきている。子供の体重11kg。計量時、子が鳴きその声でミライが怒る。

2005.07.03
シェトランドポニー ポエム(♂)サシバエが多量に発生し、耳、目、鼻のまわりをかゆがる。こするため脱毛あり。夕方かゆみ止め軟膏塗る。

2005.07.03
アジアゾウ ダンボ(♀)朝と昼ターゲットトレーニングを行う。昼の調教時、後肢の削蹄をする。側頭腺より少し分泌液あり。シャンティ(♀)が削蹄を嫌がるとそれに反応して少しイラつく。シャンティに昼の調教時に削蹄をするも後肢の時は嫌がって鳴いて足を動かしてしまう。プール入れの放送をすると約100名集まる。

2005.07.03
フンボルトペンギン 巣穴7、朝、夕共親が採食後巣穴の前でヒナが出てくるのをまってから吐き戻しを与えている

2005.07.03
オシドリ 巣箱内に卵2個追加で産卵してある。計9個となる(抱卵中)。

2005.07.02
ふれあい ヒヨコ、ウサギ、カメ、モルモット、ポニー、マウス 10:30~12:00、13:30~15:00。

最初   296  297  298  299  300  301  302  303  304  305  306 最後

ページの先頭へ