飼育日誌

« 前の動物へ次の動物へ »

水にも寒さにも強い密林の王

アムールトラ

哺乳綱 食肉目 ネコ科

日本平動物園では

♀ ノゾミ(2011年)広島市安佐動物公園生まれ、2018年来園
♂ フジ(2010年)当園生まれ



アムールトラは、トラの仲間で一番体が大きいです。ガラス越しに間近で観ると、その大きさにビックリ!! 放飼場には池もあり、暑い夏には水の中にどっぷり浸かっている姿が観られることもあります。

一般的には

【生息地】
アジア中・東・南部。カスピ海付近やバリ島、ジャワ島ではすでに絶滅。アムールトラはシベリアや中国東北地方

【食べ物】
(自然)シカ類、イノシシ類(空腹であれば鳥類、トカゲ、昆虫)
(動物園)馬肉、鶏頭、レバー

【大きさ】
頭胴長:140~280cm  尾長:60~110cm  体重:♂180~300kg ♀115~185kg

【寿 命】
15~20年

【生息数】
毛皮や漢方薬のために密猟が絶えず、絶滅の危機に瀕する。アジアに8亜種いたが、うち3亜種は絶滅。5亜種も危険。トラ全体で約6000頭、アムールトラは500頭。

【特 徴】
体は黄色を帯びた赤褐色ないし黄褐色の地に茶ないし黒色の横縞がある。

【生 態】
単独行動で獲物にできるだけ忍び寄る。このとき体の縞模様がカモフラージュになり役立つ。トラの一跳びは10mに達する。のどに喰らいついて窒息させるか、あごの後ろからの一噛みで脊髄神経を切断するというような狩りをする。水辺が好き。

飼育日誌より

2022.05.29
アムールトラ ノゾミ(♀)腹出してゴロゴロする。

2022.03.25
アムールトラ ノゾミ(♀) 朝ネコ草食べていた。

2022.02.06
アムールトラ フジ(♂)朝、柵を足場に立ち上がってくる。終始テンションが高い。ノゾミ(♀)ヤギの臭いをつけた丸太を入れると強く反応し、舐めながらヨダレを垂らす。その後周囲に体を擦りつけたり、擬岩壁をしきりに舐める。ただし5分ほどで飽きる。

2022.01.07
アムールトラ ノゾミ(♀)朝、寒い中動き回っているせいか、湯気が出ている。入舎前、崖を軽々と登り2mくらいの高さから飛び降りていた。

2021.09.04
アムールトラ フジ(♂)昨日植え直したススキをなぎ倒し、枕にしている。涼しいせいか、おなかを出して気持ち良さそうにしている。夕方はススキを持ち歩いて遊んでいた。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »