間近で大迫力の動物たちを観察しよう

猛獣館299(にっ・きゅっ・きゅう~)

 猛獣館299では、ホッキョクグマ、ライオン、アムールトラ、ジャガー、ピューマ、ゴマフアザラシ、ミーアキャット、シロフクロウの8種類の動物を展示。擬岩や擬木を利用し、動物たちの生息環境を再現したため、いろいろな角度から、間近で動物たちの迫力ある姿を観察できる。
ま た、全天候型の屋内施設のため、天候に左右されずに楽しむことができる。
 1・2階の「北極圏ゾーンでは、造雪機で雪を降らせるほか、食物連鎖を理解してもらうために捕食をテーマにゴマフアザラシを展示。また、北極圏に生息するシロフクロウも展示する。また、地球温暖化のシンボルとされるホッキョクグマを通じて、環境問題に気付き、感じる場を提供する。
2階から4階では、開園当初からの展示コンセプトである「比較展示」を取り入れ、ネコ科の大型猛獣(アムールトラ、ライオン、ピューマ、ジャガー)の生息地や形態、生態系の違い、また、その高い運動能力や間近で見る迫力などを比較しながら観察できる。

猛獣館にいる動物

  • アムールトラ
  • ゴマフアザラシ
  • シロフクロウ(※展示休止中)
  • ジャガー
  • ピューマ
  • ホッキョクグマ
  • ミーアキャット
  • ライオン

ページの先頭へ